空気が乾燥してくる時期の悩みのひとつが、乾燥肌(スキンケアのやり方を一度見直してみた方がいいかもしれません)。乾燥肌を予防するには、どうしたらいいのでしょうか。乾燥肌(どんなにメイクをしたところで、乾燥肌だと肌がキレイには見えませんし、メイクをすることで乾燥肌が悪化する恐れもあります)の予防で、もっとも大切なことが保湿です。特に顔は、ただしいスキンケア(毎日コツコツを行うことが大切ですね)で乾燥から皮膚を守りたいですね。洗顔料は強すぎないものを使用することが大事。高齢の人はぬるま湯で洗い、洗顔料を使うのは3回に1回くらいで十分。洗顔の後は、自分の肌にあった化粧水やオイルをすぐに塗ることです。それに、紫外線対策も必要ですね。夏場の紫外線対策に気を使う人は多いですが、冬場になると手を抜きがちなもの。冬でも、紫外線対策はきちんとしましょう。顔だけでなく、体全体の乾燥を防止するには、入浴(江戸時代には男女混浴の銭湯が珍しくなかったのだとか)の仕方に注意するだけでもずいぶんと違ってきます。入浴剤を使用するのはもちろん(保湿作用のあるものを使用)、あまりゴシゴシと力を入れて体を洗ったりせず、お風呂に入った後は忘れずにボディローションを塗るようにします。また、乾燥肌予防になる食事もオススメ。肌の乾燥を予防する成分で重要なのは、ビタミンAやたんぱく質(コラーゲン)、アミノ酸、脂質、セラミド(細胞間脂質ともいわれ、皮膚や髪の毛の保湿や保護に欠かせません)、ヒアルロン酸などですね。これらを多く含む食事を摂ることが乾燥肌予防につながります。具体的には、緑黄色野菜や鶏肉、青魚、わかめ、大豆類、豚肉、レバー、ナッツ類などです。サプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)などを摂取するのもいいですね。他にも、喫煙や睡眠不足、ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)、運動不足なども血行や新陳代謝の低下、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、肌が乾燥する原因になるので注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)にして下さいねー